News

熊本で講演会を行いました

     弊社取締役石井友二が国際交流会館でのセミナーを行いました。明日は、熊本城マラソン2017です。セミナーでは、診療報酬は上がらない。診療報酬に拘泥するのではなく、明確な戦略を以て計画を立て、ガバナンスを行い、可視化を図ると共に、増患、単価アップ、生産性向上一つ一つの成果をあげることに注力する。そのためには人の育成に力を入れる。マニュアルや教育カルテ、本来の接遇の考え方を徹底した一人一人に光を当てた職場内教育が必要。また業務改善では方向、教育、評価、報奨の4つのポイントを外さず、部署間コンフリクトの視点からも業務フローの見直しを行うこと。もう時間はあまり残されていない、といわば短距離走の話をしました。医療の世界では、マラソンを楽しむ時代ではなくなってきたということです。気を引き締めて改革をしていこうとセミナーを締めくくりました。...

Continue Reading

ブロックチェーンの活用についてのミーティング

弊社取締役松田のアテンドでソラミツの宮沢さんにブロックチェーンの話をお聞きしました。池田先生からは病病連携のためにブロックチェーン(分散型ネットワーク)を使いたいと話がありました。弊社社長白石は、アセアンの診療所と病院の連携に使うと説明。弊社取締役石井の病院マネジメント講座、ネット配信をお願いしている今井さんも、診療所のアクティビティをあげるためにはネット環境整備が不可欠と協業を約束。実りのあるミーティングになりました.  ...

Continue Reading

福岡で医療機関のこれからについてのセミナー実施

弊社取締役石井友二が総合メディカルのサクシードメンバー向けのセミナーを行いました。アセアン各国の医療を簡単に紹介。比較して日本の医療の現状確認。可視化、増患、単価アップ、生産性向上の4つのポイントとガバナンスの重要性について、また、詳細には部門別損益計算や、疾病別患者別原価計算の実例を可視化のために、そして本来の接遇やマニュアル、教育カルテについて、それらが生産性向上にどう貢献するのかを説明しました。なお、これからは限られた時間を軸として情報を管理し、人材育成を怠った病院は残れないとくくっています。  ...

Continue Reading

アセアン進出支援協会の理事会開催されました

アセアン進出支援協会の講座開始します。一般事業会社だけではなく、医療においてもアセアン進出支援を行っています。現在、ヘルスケアアジア社がホーチミン市の小児診療所に出資していますが、同社は今後ヴィエンチャンやプノンペン、ハノイに診療所をチェーン展開することとしています。また、ホワイトボックス社がヤンゴンの病院との提携により、医師の派遣や交流を図る活動を計画しており、協会で支援を行うこととしています。  ...

Continue Reading